I'm creating poetry while considering such thing

ご挨拶に代えて

小躍りしたくなるような嬉しいことも、死にたくなるようなことも、生きていればいくらでもある。

大きな人生劇場で『わたし』を演じてみれば、人生はきっと壮大な遊び場なんだと思いたくなった。

もしここで何かを残せるとしたら、言葉を繋いでいくことかも知れない。

そんなことを思いながらこみ上げてくるものを、降りてくるものを立ち止まりもう一度見据えて詩に託してみよう。

最終章を越えて永遠に

It continues beyond the last chapter.

お読みいただければ幸いです。

                                    

吉田 翠

当サイトは個人の作品をご覧いただくための閲覧用サイトですが、ご感想、お問い合わせ等がございましたら下の【CONTACT】ボタンより、メールにてお問合せください。

 © 2017 Midori Yoshida