お母さんの「ごめんね」


お母さんの「ごめんね」


目を塞ぎ耳を塞ぎ 押入れの中で すり切れた縫いぐるみと遊んでいる小さなおんなの子

もうそろそろ出てきましょうよ

お母さん こんなにも無理のない 穏やかな空を いつか一度は見てみたかった

あなたの娘と あなたの娘の娘の頭に置いた手が 何度も何度も滑り降りて

ごめんね

本当に必要なのはその言葉じゃないとわかっていても

小さくなったあなたの背中は いずれわたしも辿る道

お母さん こんなにも無理のない 穏やかな空を いつか一度は見てみたかった いつか一緒に見てみたかった

すり切れた縫いぐるみをだっこした 小さなおんなの子にかける わたしの言葉もたったひとつしか見つからない

「ごめんね」