ブルーブラッド

ブルーブラッド


ほんの束の間

近くて遥かに遠いすれ違い

ほんのりとほどこした化粧

それはいつぞやの君


誰のためにその熱を秘めていたのかと

吐息をひとつ落とす

青い煌めきが朱と交わる時

あちらこちら散り散りの楽士が弦を滑らせる


紡ぎ出す奏楽は壮大な幻想交響曲か

はたまた匂い立つ舞曲なのか

しばし足を止めれば

魅惑の饗宴に酔いしれる


その

あたかも奇跡であるかのような

艶やかな夜の饗宴に

芳しきはやがて遠のく残像に残る華


ただ与えた者には

露ほどの意図もない

ただ通り過ぎるだけの様

繰り返してきたそれは奇跡のようで

軌跡の一片


だから

だからこそ尚

美しくも儚い夢を想う