生きて進め

生きて進め


生きてきた道で何を知ろうと 行く末で誰とすれ違おうと 目と耳と皮膚を信じてみよう ​ 大海をゆく小舟の中で 星を頼り 風を頼り 船首を向ける先を ひとりわたしが決めてみよう ​ 風の立つ海原も凪いだ水面も 自らを導にした等しくわたしの道 ​ 裸で生まれてきた 名無しで生まれてきた そのわたしの 目と耳と皮膚を信じて進め ​ 脈々と連なる命の連鎖の 水滴ほどのひとコマを 尊厳あるそのひとコマを ​ 儚きいとなみに知る道を行け ​ 生きて進め