言葉を失くしたわたしは

言葉を失くしたわたしは


言葉を失くしたわたしは 青い小鳥のように 今日もさえずる ​ 言葉を失くしたわたしは たっぷりと豊かに そして可憐に その通る路々で 揺れる花々にキスを贈る ​ 少し困ったふりをするのは とても良く見えてしまった時 それは誰かの背中で揺らぐ 蜜のような淪落への多招き ​ 言葉を失くしたわたしは わたしの手の中にある 純白のブーケを今日はどうしようか

明日はどうするだろう と、しばらく考えても ​ きっと衣のヒダに隠しながら さえずるのでしょう ​ わたしは し・あ・わ・せ