おかえり

おかえり


西日の中を歩いていた ​ 泥で固めた小さなお団子をふたつ大事に 手のひらの中で崩れないようにと とっても大事に持ちながら 西日の中を歩いていた ​ から …… から ​ 驚かないようにと思って 声をかけなかったんだその時は 言い訳ひとつ ​ 路面電車がガタゴトと音を立てる 西日の中を歩いていた ​ でも…… でも ​ 顔を見てみれば良かったのに その時に顔を見てあげれば きっと歪んでいたことに気が付いたんだよ ​ 迷子はどこにいても迷子 帰る家を知っていても迷子は迷子 お豆腐売りのおじさんが ラッパを吹きはじめる西日の中にいた ​ 抱っこしようね 歩き疲れた小さな女の子は ほっとして眠り込んでしまった女の子は ずっと西日の中を歩いていた 何十年も何十年も お家を探して西日の中を歩いていた おかえり