偲ぶ季節

偲ぶ季節


夏は偲ぶ季節でもあろう。 薄れる記憶。愛おしく哀しく、それだからこそ人は生きていけるのだと、何度も思った。 未練を離し、か細く忘れていく事が供養になると聞いた事がある。真理であろう。

ただそれでもたまに思い出す。 愚かしくもそれは人だから。

うつろうものを手繰り寄せ、その掌から祈りの舟に乗りやがてさらさらと散ってゆく白い花

忘れがたきと思うて幾歳月。

いつか来た道。 やがてゆく道。

しばしの時に耳すませば聞こえる声は命の面影 。

天雲のゆく空の先遠けれど かすむ記憶に父の声聞く

もちろんそれは父だけではない。