思い違い

思い違い


だから切ったのに あの人もこの人も口々に可哀想だと言った いいからわたしの腕の中で ゆっくりおやすみなさいな あなたが大切にしてきた 繭から生まれた艶やかな髪が 誰かに奪い取られる前に隠してしまうことは 悪い事なんて思い違いなのよ 人形の髪が伸びないなんて いつの時代の幻想か ビロードの緞帳の中で宝箱を見つめる そうやってわたしは大人になる事を いつまでも拒んで拒んでこの場所で 白いものが混じる髪を梳いた