忘却へ

忘却へ


誰とここに居て 誰とこの風に吹かれたか それを覚えていよう

荒ぶる気持ちを 声なき祈りを その波間に放った日々

遠く凪いだ水平線 心のひだを写すように その姿は刻々と変わり 明日の姿は朧の夢 それでも悠々と 果てを見せずにそこにある


ひさかたの ひかりを受けて語る海 この身の枷を 知ってか知らずか


今を目に焼き付けてそして忘れよう  

今日と、過ぎた後の明日をも忘れよう

見つめるわたしのこころのままに 母なる海に返してみよう

誰とここに居て 誰とこの風に吹かれたか

ただそれだけを覚えていよう