天使

天使


柔らかい毛糸のストールで体を包みながら

聖母に抱かれた子供のような笑顔と優しい言葉で人を刺す人


怯えるものなど何もないのに

誰かが知らん顔して横を通り過ぎるだけで

パパに助けを求める視線を送る人


自分の思い通りにならないひとつひとつを思い返して

泣いてみればいいのよ、ほら試しに

今のままじゃきっと泣けないから


わたしの背中はきっと

呼吸の仕方ひとつ、教わってこなかったのでしょ?

人はね、もっと生々しい顔を背中に持ってるの

なんて、冗談よ


誰かの哀しみと歓びと

そのどちらにもこころを動かせないわたしは

春になったらゆりかごの中できっと

いとも簡単に蜜蜂を追い払いながら

花びらを一枚二枚とむしり取って 一日を過ごすのでしょうね

可哀想ね

可哀想だわ