遮断

遮断


隔てた磨りガラスは 西日の熱


痛めて曲がる背骨を見れば 当てようと差し出した掌は 躊躇い ただバタバタと 腕だけが宙を舞う


鏡だったはずの磨りガラスは 鬱々とした西日の熱 不問に付してきた 瞼の裏の憂い

逸らした目が言葉を壊す


不器用で ただ不器用で 哀しくて 哀しくて

それでもまだ 西日の向こうに渡す言葉を

わたしは自らに問う