SHADOW

SHADOW


影と重なる 背中の目が見つめる情熱と亀裂 バタつく上肢がほら小声をこぼす 鬱陶しいと ​ 白い羽はいかがですか 籠を持って売り歩くのは 道化師の前を歩く天使の子供 白い羽はいかがですか ​ 怯え始めた影が泣く お願いわたしを見ないで 月明りだけの中で呼吸を繰り返し 白の虚心が刺さるとき 天使と道化師がすり替わるのを知った 影と重なる 誰よりも愛おしい君 わたしと一緒に眠りましょう

 © 2017 Midori Yoshida